お知らせ

Luminex フローサイトメーター 第19回ウェブセミナーのお知らせ 【11月2日(水)】 商品のお知らせ

Luminex_webinar


バイオ医療応用に向けたエクソソーム工学:ハイブリッドエクソソームのイメージングフローサイトメーターに
よる単粒子解析と機能評価


■ 開催日時:2022年11月2日(水) 16:00~17:00
■ 演者:秋吉 一成 先生 (京都大学大学院工学研究科 高分子化学専攻 教授)
■ 詳細

近年、細胞外小胞であるエクソソームが、生理活性タンパク質や核酸(mRNA, miRNA)などの情報分子を輸送する細胞間情報伝達におけるナノシャトルとして、様々な生命現象(免疫、老化、がんなどの疾患など)に関与していることが明らかになってきました。エクソソームは、バイオマーカーとしての利用や治療応用に関する研究も進められている一方で、その多様性のために、分離、構造解析から機能解析技術まで、様々な課題が残されています。本ウェブセミナーでは、細胞外小胞の多様性、不均一性の新規指標として表層糖鎖の有用性、エクソソーム糖鎖の研究を進めている、京都大学大学院工学研究科 高分子化学専攻の秋吉一成教授をお招きし、最先端の研究内容をご講演いただきます。秋吉先生の研究室は、「バイオインスパイアード材料の創製と医療応用」をテーマに新規の分子システムやバイオマテリアルの開発をなされており、とくに、エクソソームの生物由来ナノ粒子キャリアとしての機能に着目することで、生物学的および工学的な機能改変手法の確立(エクソソーム工学)と新規ドラッグデリバリーシステム(DDS)としての応用を図られている点に特徴があります。本講演では、ナノゲルやリポソームとのハイブリッド化エクソソームの構築、機能化とバイオ医療応用についてお話しいただき、併せて、その測定と解析に用いているLuminexのAmnis ImageStreamX Mk II イメージングフローサイトメーターによる結果をご紹介いただきます。

■ 参加費:無料
※本ウェビナーへのご参加には事前登録が必要となります。
 

参加登録につきましては下記ウェブサイトにてご確認ください。
https://v2.nex-pro.com/campaign/45404/apply


Luminexランディングページ

右メニュー・上部
右メニュー・中部右メニュー・下部